WHAT'S NEW

新着情報

実績紹介野々市市北西部土地区画整理組合が「まちづくり功労者 国土交通大臣表彰」を受賞しました

平成29年度まちづくり月間「まちづくり功労者 国土交通大臣表彰」に石川県内から野々市市北西部土地区画整理組合が受賞いたしました。(平成29年6月16日)

JR野々市駅前広場や地区公園などの整備により市の玄関口としてふさわしいまちづくりに貢献したことが評価されました。弊社が事業全般のコンサルタント業務を担当させていただいています。

そこで、黒山理事長様に受賞のお祝いの言葉をお伝えした後、弊社に対する18年間の評価を聞いて参りましたのでその一部を記載させていただきます。

「本事業は、約65.5haと規模が大きく関係機関協議先も多く大変難しい事業であったが将来を見据えたまちづくりの達成に向かって素人である我々組合に対して根気強く諦めずに各種業務を遂行すると共にスムーズな事業運営をしていただいた。大変感謝している。ただ、専門部署が多い会社であることから社内連携をよりスピーディーにしていただければより良かった。」とのお褒めのお言葉と貴重なご意見をいただきました。

弊社、より一層良いまちづくりに向かって精進して参ります。本当におめでとうございます。

 

▼国土交通大臣表彰状(黒山理事長様〈右側〉に弊社担当者がインタビュー)

 

▼JR野々市駅南口広場(完成記念式典 平成25年10月11日)

 

 

▼つばきの郷公園(地区公園)

 

お知らせ「第2回 かくまの里山づくり」を実施しました

平成29年6月3日(土)、昨年に引き続き、金沢大学角間キャンパス里山ゾーンにビオトープを整備する「第2回 かくまの里山づくり」を実施しました。

 

角間キャンパス内のアジヂ谷にあるビオトープ内の、ため池の草刈りや泥上げ作業を行い、作業中に見つけた珍しい水生生物であるクロサンショウウオやモリアオガエルなどが生息していることを確認し、子供たちに生き物の生態についてレクチャーを行いました。

 

またビオトープ内に新たにミョウガ畑を作り、ミョウガの苗を植えました。ミョウガの収穫が待ち遠しいです。

 

今後も金沢大学と連携して、多種多様な生き物を育むビオトープの観察と、自然豊かな「かくま里山」の整備活動を引き続き行っていきたいと思います。

 

 

 

 

お知らせ【イベント】平成29年度 西村幸夫町並み塾開催のお知らせ

都市景観保全の権威である東京大学の西村幸夫教授をホストに、日本各地で町並み保存運動やまちづくり活動を実践されている方々をお招きして、活動にまつわるお話をお聞きする「西村幸夫町並み塾」を開催します。
(弊社の専務 埒が実行委員会事務局をしています)
どなたでもお気軽にご参加ください。

H29町並み塾全体リーフレット・開催主旨

H29町並み塾in南富山リーフレット(終了)

H29町並み塾in福井リーフレット

お知らせ地域の交通安全活動に協力しました!

弊社が自転車通行空間の設計に携わった道路の街頭指導に参加しました。

街頭指導は、石川県県央土木事務所や金沢市が中心となり、地元関係者や警察、NPO等と協力して取り組んだものです。当日の様子は、地元の新聞にも掲載されました。これからも、地域に根ざした建設コンサルタントとして、地域の交通安全活動に協力していきます。

 

【街頭指導実施日】

平成29年4月11日(火):一般県道東金沢停車場線

平成29年4月17日(月):一般県道窪野々市線

1 / 912345...最後 »